> インターンシップ実習生の声 > 蔡 明翰さん
インターン実習生の声
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
蔡 明翰
京都芸術デザイン専門学校
蔡 明翰
インターンシップにアートムを選んだ理由は?

専門学校に入学してから初めてのインターンシップなので、学校の先生が選んでくれました。

職場の雰囲気はどうでしたか?

職場の雰囲気はとても明るく感じました。オフィスはビルの最上階にあるため、見晴らしは大変良かったです。社員同士もみんな仲が良く、とても居心地の良い職場でした。契約が決まり、名古屋の社員の方がスカイプで全員に知らせた時、京都本社と東京本社の社員がともに拍手して喜んでいたことがとても印象的でした。

どんな仕事をしましたか?

新入社員の名刺編集や、お客様が主催されるイベントのチラシ制作をさせていただきました。グラフィックデザインの経験はまだ浅く、学校の制作では字数の多いものを作ったことがないので、作業の進行もとても遅かったです。特にチラシの裏面は情報量が多く、色もバラバラで、色合いと位置のバランスがとても難しく感じました。チラシ翻訳、中国語版の制作、自分のオリジナルバージョンの制作も試みました。実際に印刷され、使われるチラシを作ることに対して緊張と不安を覚えますが、社員の方が優しく相談に乗っていただいたので、なんとか無事に完成させることができました。

インターンを経験した感想は?勉強になるなと感じた所はどういった部分ですか?

私は日本で就職してようと日本に来ました。アートムで過ごした三週間はとても貴重な経験になります。三週間はとても短く感じました。インターンシップの経験の中で、特にコミュニケーションの大切さを感じました。アートムの社員の方々が普段仕事をされるときに、常に意見を交わしながら作業を進めています。最も印象に残っていることは、支社の方々といつでもコミュニケーションが取れるように、大きいモニターを使ってスカイプをすることです。京都本社と東京支社、名古屋支社のオフィスが繋がっているように感じます。仕事の現場では、コミュニケーションが大事だということについて、大変勉強になりました。

最後になんでもいいので一言。

日本語にまだ慣れていない部分と勉強不足な部分が多いですが、皆さん優しく接してくれて本当に助かりました。短い間でしたが、大変お世話になり、ありがとうございました。

ページトップ
会社概要
地図
メンバー紹介
社内制度
リクルート
インターンシップ
メンバーの声
動画
ギャラリー
A-BOOK
リクルート
高橋修高橋寛
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 地図はこちら