> インターンシップ実習生の声 > 山本 拓哉さん
インターン実習生の声
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
山本拓哉
京都文教大学 臨床心理学部
山本 拓哉
インターンシップにアートムを選んだ理由は?

大学では臨床心理学部にて心理学系の勉強をしていました。しかし、Web関連にも興味を持っていたためWebサイトを製作、運営している会社でインターンシップをしてみたいと考えていました。コンソーシアム京都にてWeb系の企業先のインターンシップを探している時にアートムを見つけホームページの雰囲気が良かったのと、スポーツジムの総合サイトを運営していることに興味を持ったため応募させていただきました。

職場の雰囲気はどうでしたか?

企業で三週間もの間働くということでアートムに来るまではとても緊張していました。いざインターンが始まってみると、皆さん気さくな方ばかりで緊張もすぐにほぐれました。何か分からないことがあってもすぐに誰かに聞くことができ、安心して続けることができました。

どんな仕事をしましたか?

主にスポーツジムの情報の整理を行っていました。アートムはスポーツジム、フィットネス等を紹介している総合スポーツジムサイトを運営しています。そこで、新規で追加するスポーツジムが既に登録されているかどうかや、プール、駐車場があるかといったカテゴリー分けをおこなっていました。スポーツジムの数は膨大で先が見えずつい気がゆるみがちになりますが、こまめに目標を決めて取り組むことに注意して続けていました。

インターンを経験した感想は?勉強になるなと感じた所はどういった部分ですか?

普段は朝から夕方までアルバイト先で働く機会もなく、長時間作業することに慣れておらず最初は大変でしたが、徐々に慣れてきて、あっという間に三週間が終わりました。また、会社というのはどのような空気があるのか参考になります。仕事をしていて、コミュニケーションは非常に大切だと感じました。コミュニケーションが出来なければ、分からないところを他の方々に聞けませんし、仕事は協力が大切だと思います。連絡が上手くいっていなければ思わぬ失敗が起きてしまうかもしれません。ミスを防ぐためにもコミュニケーションは必要だと思います。

最後になんでもいいので一言。

三週間という長いようで短い期間の間、親切に色々と教えてくださって本当にありがとうございました
。アートムに来て様々な経験を得ることが出来て本当によかったです。学んだことをこれからの人生に活かしていきたいと思います。

ページトップ
会社概要
地図
メンバー紹介
社内制度
リクルート
インターンシップ
メンバーの声
動画
ギャラリー
A-BOOK
リクルート
高橋修高橋寛
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 地図はこちら